• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

SizeDB:水色パンプキン

ジャンル作 者タイトル RafooID:comic181
出版・掲載
Real-Giantess
あうら聖児
水色パンプキン
富士美出版 96/04/05
Scale?

表題作「水色パンプキン」は大柄の女の子と小柄の男の子のカップルの話。「ヒミツの姫子先生1,2」は魔族のカップルが女教師と小学生に化けていて…、という話。「作品解説」で著者が「(自分のマンガが)女の子の方が背が高いマンガが多い」と言い、影響を受けた作品として「硬派銀次郎」の他、「Theかぼちゃワイン」(三浦みつる 少年マガジン?)と「空色みーな」(北崎 拓 ラポート)をあげています。最新刊「真夜中の聖母」(富士美出版)でも、「みるくたいむが止まらない」が女の子の方が首一つ背が高い。<Kitaraf:今から、2倍ファンになりました。はう~。>

トラックバック

プロフィール

Raf

Author:Raf
変態紳士同人作家 Mail(星は@に)

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
同人作品




リンク
translation
月別アーカイブ