• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

西尾康之 「健康優良児」

同好の士であり、GTSにアート方面から切り込んだ西尾康之氏が画集・彫刻写真集「健康優良児」を発表!
本屋で中を見て、買いましたよー。

特に以下の一枚は、ノン気の人にも分かりやすいのではないでしょうか。
5C4A-170.jpg
エロス方面に触れることなく、純粋に巨大女のパワーを描き出している。
──『巨大』さは、そのまま『力』である。

絵と画の間に挿入される「つぶやき」で、心情を余すことなく吐露していて。
いわゆる「GTS好きカミングアウト」も堂々とされています。
いかにして自分はGTS嗜好を持つに至ったのかを見つめた、ヰタ-セクスアリスも考察している。
なるほど、世代的にウルトラセブンなんすねー。

こうやって「ノン気がどう思うか知ったことか! 俺様ちゃんはこれが好きだー!」と素直に作品を作り続けていると実感するのが、一番恥ずかしいことを堂々とさらけ出しちゃえば、もう何も怖くないなって事です。自分は西尾さんほど凄くないけど。


ギャラリーのレビューもありますね。
西尾康之 「健康優良児」正義への幻滅か、それとも・・・


2002年の話だけど、「Spring/GEISAI #1」で金賞取ってたんだ、すげぇ。初参加で一等!
今頃気付いたのかよ、かもだけど。

売れる前は年収五十万て(´Д⊂w
コンビニバイトの学生のほうが金持ってる……。

ムービーでは作品を見て回る村上隆……と鉄拳!? なぜwww

「作品を作り続けていないと 何かパワーみたいなモノが
他に吸収されてしみ込んでいっちゃって
いつの間にか 何もしなかったりするんですよね。

だから作品を作って それをこうお金にかえて
またそれで作っていくっていう
そのサイクルが非常に効率が良いというか

作家っていう非常にこう
目的というか作り続けるには
作家にならないといけない」



nishio_03.jpg
西尾さんの絵を見ていると、
巨大娘への憧れが、そのまま生命賛歌。
生への憧れに思えます。

そして自分の中を突き上げる性衝動が、
そのまま目の前の「巨大な生」との“つながり”を感じさせ、
それが「生きる」。

しかし「巨大な生」はあまりに質量とエネルギーが膨大な存在で、
小さな自分など「巨大な生」の気まぐれな動作で簡単に殺されてしまう。
「巨大な生」はそのまま無慈悲で理不尽な“死”そのもの。
それが「死にたくない」。

「生きる」と「死にたくない」は、表裏一体なのかなと。
生と死、エロスとタナトスが古来より対比と関連を持って認知されているように。


……何語ってるんだあちきはw


だけどまぁ、その流れで見ると
内蔵が見える断面図や人体標本みたいな筋肉丸見えの絵も、
物凄く自然に見えたんですよね。
探求ってそう言うことですから。
ドラゴンクエストって「龍を探求する」って事で、
DQ1はラスボスの竜王を捜す話だったけど、
DQ3で呪文ドラゴラムが現われ、「自分が龍になる」という究極の探求が(以下脱線に付き削除)


よく分からなかったのは女性+昆虫の絵かなぁ。何故か海岸の風景で。
まぁ今は解らなくても、あるときハッと気付くこともあるのが人生の醍醐味で。



西尾さんの絵で、幽霊画も結構好きなんですよね。
サイトのトップに掲げられた階段に佇む、顔の見えないやつとか。
こえー。

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。


【西尾康之 「健康優良】
>コレ…いいすね・・・!

いいよねぇ~。
思わず語っちゃうのも、それだけパワーがある作品だって事かも。

【おね魔女DL頒布開始!】
>できればがんばっていただきたいですね。自分はやんごとなき理由からダウンロードができないのですよ。

そうやんごとかー。
できれば頑張るやんごとよ。

妖精の思い出、登場!
>こちらで紹介されてた『妖精の思い出』プレイしました。御手頃価格で密度好く、これまた…面白い・スキデス! ラウミィちゃんのアノ視線、流石は蓮華さんの親御さん!とクラクラ。 善きオハナシでありました! 

まだまだ荒削りだけど色々な人が協力して出来た本作、楽しく発表し続けていって欲しいですね。
良かったらMTSさんちでも感想書いてあげてね~。

トラックバック

プロフィール

Raf

Author:Raf
変態紳士同人作家 Mail(星は@に)

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
同人作品




リンク
translation
月別アーカイブ